「制服を着こなす」ということ

デザイン性と機能性、大商学園の制服は生徒の意見も組み入れて最善のものを指定しています。
当然でずが、それらの制服は正しく着こなしてこそ、最も美しく見えるようにデザインされています。

制服を着崩したり、指定ではない服をあえて着たりしている高校生を街角で目にすることも少なくありませんが、
大商学園では制服を正しく着るための指導に力を入れております。

これは大商学園の品格、ひいては生徒一人ひとりの品格を高めるためであるのはもちろんのこと、
制服という小さなルールでもしっかりと守るという教育によって、健全な人格を育成するということも目的としています。
 

くわしく制服を見る