沿革

1887年3月(明治20年) 大阪市東区平野町3丁目に私立商業学校仮創立所及び仮教場を設立。
校長/山中立蔵、幹事/野口太郎、商議員/山口幸七
以下11名にて創立準備にかかる。
1887年4月(明治20年) 東区北久宝寺町5丁目に移転。
東区備後町4丁目に移転。
1887年9月(明治20年) 東区本町4丁目に移転。
17日付にて、商業学校通則により文部大臣から設立認可を受ける。
1900年3月(明治33年) 甲種商業学校本科3年制の認可を受ける。
1932年11月(昭和7年) 福島区上福島北2丁目に移転。模範商業学校として侍従差遺を受ける。
1947年4月(昭和22年) 新制中学校(大商学校)認可。
1948年4月(昭和23年) 新制高等学校(大阪商業高等学校)認可。
1958年12月(昭和33年) 現在地である豊中市利倉東1丁目2番1号に新築移転。
1959年4月(昭和34年) 普通科課程を新設。
1963年12月(昭和38年) 校舎増築完成(2号棟3階)。
1967年10月(昭和42年) 創立80周年記念行事挙行。
1977年5月(昭和52年) 創立90周年記念行事挙行(藤棚完成)。
大商体操創作制定。
1981年6月(昭和56年) 講堂・体育館棟完成。
1987年9月(昭和62年) 創立100周年記念行事挙行。
創立100周年記念庭園完成。
応援歌制定。
1990年10月(平成2年) 大商学園高等学校に名称変更。
1991年4月(平成3年) 情報処理室設置。
1997年8月(平成9年) 情報処理コンピュータ新機器設置。
2000年3月(平成12年) 新校舎A棟完成。
数理情報科新課程を新設。
2001年3月(平成13年) 新校舎B棟完成。
全館LAN SYSTEM設置。
2001年10月(平成13年) 創立115周年祝賀会及び
新校舎落成記念祝賀会挙行。
2006年4月(平成18年) 商業科男女共学化。
インターナショナルコース、ライセンスコース設置。
2007年4月(平成19年) 特進コース男女共学化。
2009年4月(平成21年) 全コース男女共学化。
2010年10月(平成22年) 学校評価アンケート実施(生徒は毎年・保護者3年に1回)
2012年6月(平成24年) 職員室内自習スペース設置
2015年4月(平成27年) 普通科情報コースICT教育タブレット端末授業開始
2015年6月(平成27年) 大学生(阪大生)による学習チューター制度開始
2016年4月(平成28年) 普通科特進コース1類に加え、2類設置
2017年11月(平成29年) 創立130周年記念式典挙行(祝賀会・記念誌)
2018年1月(平成30年) 2・3号棟解体及び新築工事開始
2018年4月(平成30年) 普通科特進コースICT教育タブレット端末授業開始
2019年3月(平成31年) 2・3号棟新校舎完成
2019年7月(平成31年) A・B棟空調機能回復工事完了